事業承継

特例事業承継税制の活用と相続対策

特例事業承継税制とは特例事業承継税制を活用することで、一定の条件のもと、一括で贈与等をした非上場株式の贈与税額の全額が納税猶予されることが可能となりました。また、贈与者が亡くなられた際には、贈与時の評価額が相続税の課税対象となりますが、この相続税額についても全額が猶予

M&A

ポストコロナの中小企業の事業承継・M&A(中小企業白書)

中小企業白書・小規模企業白書が公表中小企業庁では、2021年版の中小企業白書、小規模企業白書を公表しました。中小企業白書では、コロナ禍により70%を超える企業が現在も企業活動に影響を受けるなかで、デジタル化への対応や、M&Aなどを活用した成長への取り組みが今後

事業承継

事業承継引継ぎ支援センターについて

事業承継引継ぎ支援センターとは中小企業庁では、2020年6月の産業競争力強化法の改正に伴い、これまで第三者承継支援を行っていた「事業引継ぎ支援センター」に、親族内承継支援を行っていた「事業承継ネットワーク」の機能を統合し、事業承継・引継ぎのワンストップ支援を行うべく発展的に改

事業承継

非上場株式の評価とは

取引相場のない株式を評価するには多くの中小企業の場合、非上場の株式となるため、株価を容易に確認することはできません。非上場の企業の株式を評価する方法としては、いくつかの方法がありますが、今回は、相続税務上の取引相場のない株式の評価方法について、その概要を簡単に記載して

事業承継

相続による事業承継を行ったら

相続による事業の承継と可否判定相続による事業の承継には、非事業者であった相続人が相続により事業者になる場合のほか、相続人も被相続人も双方ともに事業者の場合があります。相続承継後の翌年以後、消費税の課税・免税事業者の判定は、承継前の相続人と被相続人の事業の各基準期間の課

M&A

M&Aで買収される側に税優遇

事業再編に関する税制改正株式を使った企業の合併や買収(M&A)について、政府・与党は買収される企業の株主の税負担を大幅に軽減する方針を決めました。手元の資金が少ない新興企業でも、自社株を対価にしてM&Aができれば新しい分野に進出しやすくなります。

M&A

買収した事業の価値はいつまで続く?

のれん価値とは九州をはじめ、日本全体でM&Aや事業売却が脚光をあびています。企業が事業の多角化や事業拡大をねらい、他の会社の事業買収をしたとき、時価純資産価額を超えて対象事業を評価することで生じた「のれん」といいます。この「のれん」の価値は、いつまで継続するの

事業承継

第三者承継支援総合パッケージについて

第三者承継支援総合パッケージ経済産業省は、後継者不在の中小企業に対して、第三者による事業承継を総合的に支援するため、2019年12月に「第三者承継支援総合パッケージ」を策定しました。このパッケージでは、後継者が未定となっている中小企業について、これまでの対